GETTY

Photo: GETTY

タワーレコードは2017年の年間チャートを発表しており、洋楽アルバムのトップ20が明らかになっている。

首位を飾ったのはエド・シーランの通算3作目となるアルバム『÷(ディバイド)』で、ブルーノ・マーズの『24K・マジック』、リンキン・パークの『ワン・モア・ライト』がこれに続いている。

タワーレコードによる2017年洋楽アルバム・トップ20は以下の通り。

1. Ed Sheeran ÷(Divide)
2. Bruno Mars 24K・Magic
3. Linkin Park One More Light
4. The Chainsmokers Memories…Do Not Open
5. The Beatles Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band
6. Jamiroquai Automaton
7. Taylor Swift Reputation
8. Liam Gallagher As You Were
9. Calvin Harris Funk Wav Bounces Vol.1
10. Bruno Mars Doo-Wops & Hooligans
11. Foo Fighters Concrete & Gold
12. Ariana Grande The Best
13. Beck Colors
14. Radiohead OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017
15. Maroon 5 Red Pill Blues
16. Kasabian For Crying Out Loud
17. Gorillaz Humanz
18. Justin Bieber Purpose
19. Kendrick Lamar DAMN.
20. Thundercat Drunk

エド・シーランはスポティファイが発表した日本国内の再生回数ランキングでもアルバム『÷(ディバイド)』と“Shape of You”が最多再生回数を記録している。

エド・シーランは2018年4月に来日公演を行うことが決定している。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ