Andy Ford / NME

Photo: Andy Ford / NME

カサビアンは最近のライヴで携帯電話の窃盗が相次いでいることを受けて、自身のツアーでファンに慎重になるよう促している。

先週、ロイヤル・ブラッドのライヴで53台の携帯電話が所持品から発見されたことを受けて、22歳の男性がバーミンガム・アリーナで逮捕されている。

今回、カサビアンは現地時間11月24日のニューカッスル公演からUKツアーをスタートさせたのに際して「プロの窃盗集団」がファンを標的にしていると警告し、警戒するよう呼び掛けている。

「相次ぐ携帯電話の盗難についてメディアで聞いたり、読んだかもしれません。プロの窃盗集団が複数の会場で観客の疑うことを知らない人々を標的として、携帯電話を盗み、その数は時にすごいものとなっています」

「自身の所持品、なかでも携帯電話について注意していただき、どこにあるかを把握して、安全にしてください。疑わしい行動があれば、会場の警備員にお知らせください。携帯電話の思い出は守るべき価値があるものです」

現在、UKツアーを行っているカサビアンだが、先日2018年に何か特別なことを計画していると明かしている。

「いくつか計画があるんだ」とサージ・ピッツォーノは『NME』に語っている。「ただ、何人かにやらせないといけないことがあってね。いつも官僚的なことがあるわけでさ、『そんなのはできないよ』って言う奴が常にいるんだよ。でも、どうにかするつもりだけどね」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ