GETTY

Photo: GETTY

スパイス・ガールズは2018年に再結成することに合意し、ニュー・アルバムと1回限りのテレビ特番を制作すると報じられている。

スパイス・ガールズは1994年に結成され、2000年に活動休止をするまでに3枚のスタジオ・アルバムを発表している。スパイス・ガールズは2007年から2008年にかけて再結成ツアーを行なっており、メンバー全員が揃ってパフォーマンスを披露したのは2012年のロンドン・オリンピックの閉会式が最後となっている。

新たな報道によれば、メラニー・ブラウン、ヴィクトリア・ベッカム、エマ・バントン、メラニー・チズム、そしてジュリ・ハリウェルからなる5人のオリジナル・メンバーが、再結成したスパイス・ガールズとして2018年に活動できる日程について、夏以来となる非公式の会談に臨んだと伝えられている。

「彼女ら5人は夏以来となる非公式の会談に臨み、最終的に2018年の再結成に全員乗り気になっているのです」と『ザ・サン』紙は報じている。「現状として、彼女たちは共に、新作やスパイス・ガールズを記念したテレビの特集番組などを含む、いくつかのプロジェクトに着手する見込みとなっています」

「ヴィクトリア(・ベッカム)が常に再結成を阻止する立場をとってきたことを考慮すると、彼女の同意を得たことが全員が参加する上での有効な戦略となっています」

2016年7月にはエマ・バントン、ジュリ・ハリウェル、メラニー・ブラウンの3人のメンバーが再結成の噂に火をつけており、ツアーの可能性を示唆するビデオを公開していた。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ