GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーコールドプレイのクリス・マーティンにこれまでバンドを批判してきたことを謝罪して和解した経緯について明かしている。

リアム・ギャラガーは今年6月に開催されたチャリティ・コンサート、ワン・ラヴ・マンチェスターでコールドプレイと共に“Live Forever”を披露して話題となったが、それまではコールドプレイについて子供向け番組の『トゥイーニーズ』みたいだとし、「すごくクソ」と語っていた。

リアム・ギャラガーは『NME』の新たな別冊『NMEゴールド』の編集長を務めていて、そのインタヴューのなかでコールドプレイとの和解の経緯について語っている。

「あれはよかったよな」とリアム・ギャラガーは語っている。「俺たちはドイツでライヴがブッキングされててね。7時からってことになってたんだけどさ。(パートナーでマネージャーの)デビーが『絶対に誰がEメールを送ってきたか分からないわ』って言うからさ。俺が『ノエルじゃないんだろ? 失せろって言っとけ』って言ったら、『違うわ。クリス・マーティンよ』って言われてね。『何がしたいんだ?』って訊いたら、『何をしたいかは分からないわ。ただ、話をしたいって』って言うから、『ケンカでもしたいのか? 俺はそういう気分じゃないんだけどな』って感じだったんだ」

リアム・ギャラガーは次のように続けている。「とにかく、それでスカイプをしたら、あいつが『マンチェスターの件なんだけど、やるつもりはあるかい?』って言ってきてね。あいつは“Imagine”をやりたかったみたいなんだけど、『いいか、俺は“Imagine”はやらないな。それはない』って答えてさ。あいつは『やろうよ。素晴らしいものになるよ』って言うから、『俺も素晴らしいもになるのは分かってる。俺もお前も最高だからな。でも、それはないよ』って言ったんだ。そしたら『オアシスの曲はどうなの?』って言ってきたから、『ああ、もちろんやるよ』って言って、それで“Live Forever”になったんだ」

ライヴの後の出来事についてはリアム・ギャラガーは次のように『NME』に語っている。「ダラダラすることはなくて、激励されて、それでもう出たんだ。やれてよかったなって、そんな感じだね。クリスにはどうしたかって? 俺は『これまでの最低なこと、お前をこき下ろしてきたことは謝るよ。大意がないのは分かるだろ』って言って、あいつも『いいよ。いいよ。気にしてないから。最高だよ。やってみよう』って感じだったな」

「あいつは最高だよ。でも、あれから音沙汰はないけどな」とリアム・ギャラガーは続けている。

インタヴューの他の部分では、リアム・ギャラガーはオアシスの解散に対する心情を明かしている。

「あのバンドは俺にとってすべてを意味してたんだ。すべてだよ。血管に宿ってるんだ。金のことじゃなくてな」とリアム・ギャラガーは語っている。「いまだに気持ちが収まらないし、バンドについて深く悲しんでるよ」

「9年とか、だいぶ時間が経ったわけだけどさ。みんなが『もう乗り越えようぜ』って言うのは知ってる。けど、ダメなんだ。俺は乗り越えられないよ。多分、これについては誰かのところに行って会わなきゃならないんだろうけどさ。レディ・ブレック(食べると身体が輝き出すCMで知られるコーンフレーク)の力があのバンドにはあったんだよ。今はそうじゃない。俺の内蔵や魂を引き裂かれて、バラバラになったような感じなんだ」

『NMEゴールド』ではリアム・ギャラガーがザ・ビートルズ、セックス・ピストルズ、ザ・ストーン・ローゼズといった自身を形成してきた音楽についても語っている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ