GETTY

Photo: GETTY

デーモン・アルバーンは、イギリス出身のDJ兼プロデューサーのであるニック・ファンシウリが公開している新曲に参加している。

公開された“Saying”は10月20日にリリースされるニック・ファンシウリによるニュー・アルバム『マイ・ハート』に収録される。ブラーやゴリラズでの活動で知られるデーモン・アルバーンは楽曲にヴォーカルとして参与している。

「アルバムのコンセプションは10年前から始まって、その間に多分300曲ぐらい書いたと思う」とセイヴド・レコードの代表も務めるニック・ファンシウリはプレス・リリースで語っている。「多くの時間を費やして、まさに僕の一部分だと言えるようなアルバムを作ろうとしてきたんだ。僕のハートや僕のソウルとなるようなね」

ニック・ファンシウリは、ゴリラズの最新作『ヒューマンズ』に収録されたヴィンス・ステイプルズとのコラボレーション曲”Ascension”のリミックスも手がけている。こちらも以下のリンクから聴くことができる。

デーモン・アルバーンは先月、ゴリラズのニュー・アルバムを2010年発表の『ザ・フォール』と同様にサプライズでリリースしたいと明かしている

ゴリラズは現在、今年発表の最新作『ヒューマンズ』に伴うワールド・ツアー中だが、デーモン・アルバーンはすでに次のアルバムを計画しているという。2010年12月には、ゴリラズ4作目のアルバム『ザ・フォール』が告知からわずか5日ほどでファンクラブ会員限定の無料ダウンロードの形でリリースされているが、今回も再びファンの不意を突く形でのリリースとなるかもしれないという。

「新曲を作って、それをほぼ同時にライヴでもやるっていうアイディアが本当に気に入っているんだ」とデーモン・アルバーンは『Q』誌に語っている。「『ザ・フォール』よりも完成されたアルバムになると思うけど、できればあのくらい自然発生的にしたいよね」

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ