GETTY

Photo: GETTY

トム・ペティが亡くなったことを受けて先月にハリウッド・ボウルで行われた公演がトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの最後のライヴとなっている。

トム・ペティの訃報は遺族に代わって長年にわたってトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのマネージャーを務めてきたトニー・ディミトリアディスによって発表されている。彼は心肺停止となった後、UCLA医療センターに搬送されたものの亡くなっている。享年66歳だった。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの最後の公演は9月25日にハリウッド・ボウルで開催されている。

この日のセットリストは幅広いバック・カタログを包括するキャリア全体に及ぶヒット曲に満ちたもので、名曲“American Girl”で締めくくられている。

ファンが撮影した映像はこちらから。

この日のセットリストは以下の通り。

Rockin’ Around (With You)
Mary Jane’s Last Dance
You Don’t Know How It Feels
Forgotten Man
I Won’t Back Down (dedicated song to Jon Scott)
Free Fallin’
Breakdown
Don’t Come Around Here No More
It’s Good to Be King
Crawling Back to You
Wildflowers
Learning to Fly
Yer So Bad
I Should Have Known It
Refugee
Runnin’ Down a Dream
Encore:
You Wreck Me
American Girl

音楽界からはトム・ペティを追悼する多くの声が寄せられており、ボブ・ディランは声明を発表したほか、コールドプレイはR.E.M.のギタリストのピーター・バックを迎えて“Free Fallin’”をカヴァーしている。

トム・ペティはザ・ハートブレイカーズを1976年に結成し、同年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。同作には名曲“American Girl”が収録されている。大きなブレイクを果たしたのは1979年発表の『破壊(Damn The Torpedoes)』で、最新作は2014年発表の通算13作目『ヒプノティック・アイ』となっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ