GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトが昨日公開した“Look What You Made Me Do”のミュージック・ビデオが公開後24時間の再生回数で新記録を樹立している。

これまでVevoの記録ではミュージック・ビデオの公開後24時間の再生回数としてアデルの“Hello”が2015年10月に記録した2770万回が最高記録だったが、“Look What You Made Me Do”のミュージック・ビデオはこの記録を破って3000万回を突破したという。記事執筆時点でミュージック・ビデオの再生回数は4000万回を突破している。

テイラー・スウィフトの“Look What You Made Me Do”、アデルの“Hello”に続くのは、2010万回を記録したテイラー・スウィフトの“Bad Blood”、1960万回を記録したニッキー・ミナージュの“Anaconda”、1930万回を記録したマイリー・サイラスの“Wrecking Ball”となっている。

“Look What You Made Me Do”はスポティファイやYouTubeといったストリーミング・サービスでも再生回数の新記録を樹立している。

“Look What You Made Me Do”のリリック・ビデオは公開から24時間で1900万回の再生回数を記録しており、リリック・ビデオでは今年2月にザ・チェインスモーカーズとコールドプレイによる“Something Just Like This”が記録した900万回という記録を2倍以上上回るものとなっている。

また、スポティファイでは“Look What You Made Me Do”がリリース日に全世界で800万回の再生回数を記録しており、これは公開初日の楽曲の再生回数の新記録となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ