Andy Ford/NME

Photo: Andy Ford/NME

カサビアンは2018年に向けて「ユニークな」ライヴの計画に取り組んでいると明かしている。

カサビアンに対して『NME』はレディング&リーズ・フェスティバルのバックステージで取材を行っており、カサビアンは同フェスティバルのヘッドライナーを務めるのは「夢のよう」だったと述べた一方で、来年は特別なことに挑戦したいと明かしている。

「そうだね、いくつか計画があるんだ」とサージ・ピッツォーノは『NME』に語っている。「ただ、何人かにやらせないといけないことがあってね。いつも官僚的なことがあるわけでさ、『そんなのはできないよ』って言う奴が常にいるんだよ。でも、どうにかするつもりだけどね」

「ただ、みんなにとって興味深いものにするのが重要なわけであってね。俺たちもかなりやってきたから、いろんな場所でプレイしてきてるからね。ずっと演奏してきてないイベントだったり、会場、都市なんかを選ぶことが大事だと思うんだ。ユニークなイベントにして、やりたいんだよ」

彼は次のように続けている。「演奏の仕方とかセットとか、次の年はさらに発展させていくことを考えると、来年はマジでとんでもないことになるよ」

カサビアンはレディング&リーズ・フェスティバルのステージでニルヴァーナの“All Apologies”も披露している。同フェスへのニルヴァーナの出演から25年となることを受けて、バンドはカヴァーを披露している。

レディング・フェスティバルは現地時間8月27日にミューズや、リアム・ギャラガー、ブロッサムズ、ハイムらのパフォーマンスによって締めくくられ、リーズ・フェスティバルはメジャー・レイザーやコーンに続いてエミネムがヘッドライナーを務め、幕を閉じている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ