GETTY

Photo: GETTY

ジョニー・マーはザ・スミスの再結成について質問してきたファンに対して、一言「まあ落ち着いてくれ」と応じている。

ジョニー・マーは現地時間7月19日、女優のキャンディ・ダーリングの掲載されたザ・スミスのシングル“Sheila Take A Bow”のアートワークの前に立った自身の写真をツイッターに投稿している。

ジョニー・マーは写真と共に「『すぐにニュースを持って帰ってくるわ』ってキャンディーが言ってるよ」とツイートしている。ファンの一人から「奇跡的にザ・スミスが再結成したりして?」とリプライを送られると、ジョニー・マーは「まあ落ち着いてくれ」と返答して、ファンを牽制している。

ザ・スミスは、1987年の解散以来、事あるごとに再結成の可能性が取り沙汰されている。ジョニー・マーは昨年、2008年にモリッシーと会って再結成について話し合ったことを明かしてるが、その後、ザ・スミスを再結成する意志がないことを明らかにしている。また、モリッシーは昨年4月にザ・スミスの再結成について「その質問がもはや意味を持たないくらいに、今は隔絶してしまっているんだよ」と語っている。

「誰もこの亀裂の入ったバンドに関するビジネスをやってもらいたいと思ってないさ」とジョニー・マーは語っている。「30年、40年、一緒にいようとしたわけじゃないからね。僕らはR.E.M.でもないし、U2でもない。ナンセンスだよ。僕らは70曲の貯蓄がある。それで十分だよ」

ジョニー・マーは次のように続けている。「僕は映画をやっていこうと思っているんだ。あとは他の人とレコードを作ったりね。それが自分のやりたいことだからね。だから、今やっていることで十分幸せなんだよ」

一方、ザ・スミスは先日、名作『ザ・クイーン・イズ・デッド』のスーパー・デラックス・エディションがリリースされることが明らかになっている。

『ザ・クイーン・イズ・デッド』のスーパー・デラックス・エディションは、CD2枚組のものとCD3枚+DVDの2バージョンがリリースされ、CDの1枚目にはオリジナル・アルバムの2017年リマスター・バージョン、CD2にはデモや新たなリマスターによるBサイドなどが収録されるという。発売日は10月20日となっている。

それぞれの商品の詳細はこちらから。

https://www.amazon.com/dp/B073Z9DQMJ

https://www.amazon.co.uk/dp/B073ZBHG1R

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ