GETTY

Photo: GETTY

ムラ・マサはデーモン・アルバーン参加の新曲を公開している。

本名をアレックス・クロッサンというムラ・マサは7月14日にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースする。アルバムにはチャーリーXCX、デザイナー、エイサップ・ロッキーらもゲスト参加している。

デーモン・アルバーン参加の新曲“Blu”の音源はこちらから。

合わせてクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ参加の新曲“Second 2 None”の音源も公開されている。

先日『NME』にアレックス・クロッサンは次のように語っている。「デーモン・アルバーンと会ったのはすごいことだったね。というのも、僕が初めて買ったアルバムがゴリラズの『ディーモン・デイズ』だったんだ。だから、顔を合わせて実際に作業するのはクレイジーだったよ」

「元々はゴリラズのアルバムについて話していたんだ。それで何曲かやってみることになったんだけど、『どんな感じかな? どんな曲にしたらいい? どんなサウンドを使えばいい?』って訊いてみたんだ。したら、デーモンは僕の足に手を乗せて、『また会うことになるから心配するな』と言ってくれてね。すごく嬉しかったし、本当に特別なことだった。彼は僕の助言者みたいなところがあると思ってるんだ。彼がどう思ってるにせよね」

ムラ・マサは「次のカルヴィン・ハリス」というレッテルについても次のように語っている。

「僕が次のカルヴィン・ハリスだって? 違うよ。彼は自分独自のことをやってるしね。僕だって次に何をするか分からない。彼はスコットランド出身の長身でファンク・ミュージックを作っている少年から、テイラー・スウィフトと交際して、ナンバーワン・アルバムを作ることになったわけだけどさ。そして、今はもう一度立ち返ろうとしてるよね。ファンク・ミュージックに戻ってきてる。僕は彼の大ファンなんだ。21世紀で最高のプロデューサーの1人だよね。彼のような歩みができたらと思うよね。いろんなことをやって、彼のように成長していくんだ」

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ