GETTY

Photo: GETTY

デーモン・アルバーンはゴリラズによる1日限りのフェスティバル、ディーモン・デイズ・フェスティバルのパフォーマンスの中でイギリスの総選挙の結果に言及している。

ゴリラズはマーゲイトにあるテーマパーク、ドリームランドで行われたディーモン・デイズ・フェスティバルでヘッドライナーを務めている。フェスティバルにはデ・ラ・ソウル、リトル・シムズ、キロ・キッシュらも出演している。

2001年発表のゴリラズのファースト・アルバムに収録されている“Tomorrow Comes Today”を披露した後、デーモン・アルバーンはイギリスの政治状況について語るためにパフォーマンスを止めている。現地時間6月8日に行われた選挙の結果、過半数を超える政党のない宙吊り国会の状態となり、テリーザ・メイ首相は北アイルランドの民主統一党との連立政権を目指している。

「この国には妙な1週間だったね」と彼は始めている。「本当に驚いたし、必然的とも言えるデタラメな結果になった」

しかし、デーモン・アルバーンはイギリスの現状について観客に対して励ましの言葉をかけている。「でも、これは始まりでしかないんだ。だって、今回投票できなかった人だっているわけでね。でも、次は投票できるわけだからね」と彼は語っている。「大きくなっていくんだよ」

ゴリラズは先日、新曲“Sleeping Powder”のビデオを公開している。

「今は少しずつではあるけど、上手くいかなかった楽曲たちをもう一度当たって、完成させようとしてるんだ」と以前、デーモン・アルバーンはゼイン・ロウによるインタヴューで語っている。「まだ少なくとも18ヶ月間はゲームに参加できるってことさ。おそらくね」

新曲“Sleeping Powder”は2Dのソロ・トラックと説明されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ