GETTY

Photo: GETTY

ジャック・ホワイトは、ナズと1920年代のブルースのカヴァーを披露している映像がオンラインで公開されている。

映像は放送が予定されているドキュメンタリー番組「アメリカン・エピック」から抜粋されたもので、その中で二人はメンフィス・ジャグ・バンドの楽曲である“On The Road Again”を披露している。

カヴァー映像はこちらから。

「今日のラップ音楽と同じだよ」とナズは語っている。「彼らは路上生活とかギャングスター人生、金稼ぎとか、まさに世界の影の部分について語っていたんだ」

5月16日に放送されるこのドキュメンタリーだが、1920年代に大手レコード会社のスカウトがレコーディング機器を持って、アメリカ各地の人々の音楽を記録した音源とそのミュージシャンに焦点を当てたものとなっている。

オリジナルの機材はもう使用できないが、オーディオ・エンジニアのニコラス・バーグはプロジェクトのためにオリジナルの部品から機材を再構築している。彼の機材はドキュメンタリーと共にリリースされるサウンドトラックとなるボックスセット『アメリカン・エピック・セッションズ』のすべての音楽のレコーディングに用いられている。

サウンドトラックはジャック・ホワイトによるサード・マン・レコーズとソニー・ミュージックのレガシー・レコーディングスからリリースされている。

参加しているアーティストは以下の通り:アラバマ・シェイクス、ジ・アメリカンズ、ジ・アヴェット・ブラザーズ、ベック、フランツ・フェルディナンド、アナ・ガブリエル、リアノン・ギデンズ、マール・ハガード、ボビー・インガーノ、エルトン・ジョン、アンティ・ゲリー・クヒア、ポーキー・ラファージ、ベティ・ラヴェット、ロス・ロボス、ロスト・バイユー・ランブラーズ、タジ・マハール、スティーヴ・マーティン&エディ・ブリケル、フレッド・マーチン&ザ・レバイト・キャンプ、アシュリー・モンロー、ナズ、ウィリー・ネルソン、チャーリー・カレオ・オヤマ、ブラインド・ボーイ・パクストン、ラファエル・サディーク、ジャック・ホワイト

ザ・ホワイト・ストライプスのフロントマンであるジャック・ホワイトは現在、テネシー州のナシュビルでレコーディングを行っており、2014年発表のセカンド・ソロ・アルバム『ラザレット』に続くニュー・アルバムを制作していると報じられている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ