GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーの息子のレノン・ギャラガーは雑誌の撮影でブラーのTシャツを着ることで、かつての「ブリットポップ戦争」の再燃に加わっている。

先週、リアム・ギャラガーはゴリラズの新作でノエル・ギャラガーがコラボレーションを行っていることについて、デーモン・アルバーンとノエル・ギャラガーを批判していた。

「今回、ブラーのチンポ野郎とオアシスの気味の悪い奴は、大いに恥をかく必要があるな。あれは(ミック・ジャガーとデヴィッド・ボウイによる)“Dancing in the Street”とかになってないわけでさ」とリアム・ギャラガーはツイートしている。「ブラーの間抜けはノエル・ギャラガーを女にでも変えちまったのかもしれないな。でも、信じてくれ。次にあいつと会ったときは戦争が起こるぜ」

今回、リアム・ギャラガーの息子でモデルのレノン・ギャラガーは予期せぬ役割を担っており、雑誌『バッファロー・ジン』の夏号の表紙でブラーのTシャツを着ているという。

ちなみにノエル・ギャラガーの娘のアナイスは先日、カラオケで歌う曲として「アイロニーとして」ブラーの“Parklife”を挙げている。

レノン・ギャラガーは先日インタヴューの中でお気にいりのバンドを明かし、自分は音楽をやる意志はないことを明かしている。

「どんなタイプの音楽も大好きなんだ。ヒップホップからサイケデリックな60年代ロックまでね」とレノン・ギャラガーは『i-D』誌に語っている。

好きなバンドについて訊かれると、次のように答えている。「ああ、そうだな、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドとか、ザ・ビートルズ、ザ・ストーン・ローゼズ、それにニルヴァーナかな。ニルヴァーナは大ファンなんだ。ニルヴァーナは大好きだよ」

モデルの世界に入った経緯については次のように語っている。「そういう機会をもらってね、やってみたっていうところなんだ。元々は俳優になりたくて、今もそう思ってるよ。でも、現時点ではモデルもいいと思うんだよね」

「女優の母親に育てられたからね。まあ、親父もミュージシャンだけどさ。でも、演技のほうがやりたいんだ。カメラの前にいるのが好きなんだよ。ダサく聞こえるけどね」

音楽でのキャリアについて考えたのかという質問には次のように答えている。「いいや、音楽を聴くのは好きだけど、とりあえず今はそれをやろうとは思ってないね」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ