GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはゴリラズの新作でデーモン・アルバーンとノエル・ギャラガーがコラボレーションをしていることについてツイートしている。

ブリット・ポップ期にライバルだった二人は、ゴリラズの新作『ヒューマンズ』に収録される楽曲“We Got The Power”で共演しており、同曲にはサヴェージズのシンガーであるジェニー・ベスも参加している。デーモン・アルバーンは、ゴリラズの新作でのノエル・ギャラガーとのコラボレーションについて「ウイニング・ラン」と評し、「究極の自己満悦的なブリット・ポップ的瞬間」だったとしている。

先日、このコラボレーションについてリアム・ギャラガーがどう思うかと訊かれたデーモン・アルバーンは次のように答えていた。「もちろん、誰もまだこの曲についてリアムがどう思ってるかは訊いてないわけだけどさ。間違いなく、僕らがどれだけ愚か者なのかについてのファンタスティックな言い回しがあるはずだけどね」

この発言を受けてか、リアム・ギャラガーは自身のツイッターでこのコラボレーションについて次のように述べている。「今回、ブラーのチンポ野郎とオアシスの気味の悪い奴は、大いに恥をかく必要があるな。あれは(ミック・ジャガーとデヴィッド・ボウイによる)“Dancing in the Street”とかになってないわけでさ」

彼は次のように続けている。「ブラーの間抜けはノエル・ギャラガーを女にでも変えちまったのかもしれないな。でも、信じてくれ。次にあいつと会ったときは戦争が起こるぜ」

ゴリラズの新作『ヒューマンズ』は4月28日にリリースされている。

アルバム『ヒューマンズ』のダウンロードとストリーミングはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ