GETTY

Photo: GETTY

デーモン・アルバーンとノエル・ギャラガーはゴリラズでの新作でのコラボレーションについてリアム・ギャラガーがどう反応を示すか、それぞれの見解を示している。

ブリット・ポップ期にライバルだった二人は、ゴリラズの新作『ヒューマンズ』に収録される楽曲“We Got The Power”で共演しており、同曲にはサヴェージズのシンガーであるジェニー・ベスも参加している。デーモン・アルバーンは、ゴリラズの新作でのノエル・ギャラガーとのコラボレーションについて「ウイニング・ラン」と評し、「究極の自己満悦的なブリット・ポップ的瞬間」だったとしている。

今回「ヴァルチャー」の取材でコラボレーションについてデーモン・アルバーンは次のように振り返っている。「気楽な感じでノエルにはアルバムに参加してくれるように約束してたんだ。いつも『次のゴリラズのアルバムには参加したい』って言ってたからさ。僕も『いいよ。お互いを気に入ることの力について僕たちが歌うというアイディアはいいかもしれないな』なんて応じてたんだ」

デーモン・アルバーンは次のように続けている。「もちろん、誰もまだこの曲についてリアムがどう思ってるかは訊いてないわけだけどさ。間違いなく、僕らがどれだけ愚か者なのかについてのファンタスティックな言い回しがあるはずだけどね」

リアム・ギャラガーがブラーの最新作『ザ・マジック・ウィップ』を絶賛していたことについて指摘されると、デーモン・アルバーンは次のように答えている。「そうだね。『ザ・マジック・ウィップ』では兄貴と僕がお互いを気に入ることについて歌ってないからね」

一方、ノエル・ギャラガーのほうはリアムが今回のコラボレーションについてどう思うか尋ねられると、より無愛想に答えている。「いいか、あいつが何をどう思うかなんて誰も気にしちゃいないんだよ」

デーモン・アルバーンがフロントマンを務めるブラーとノエル・ギャラガーによるオアシスは90年代に熾烈なチャート争いを繰り広げていたことで知られているが、現在では関係を修復して友好な関係を築いている。

また、ノエル・ギャラガーは今後もデーモン・アルバーンとのコラボレーションの可能性があることを示唆しているが、ノエル・ギャラガーの新作にデーモン・アルバーンが参加することはないという。

「まあ、俺のニュー・アルバムに参加することになってたんだけど、レコーディングをしている時期がちょうど彼がゴリラズのアルバムを仕上げている時期で、時間がとれなかったんだよ」とノエル・ギャラガーは語っている。「できれば、次かな。彼には鍵盤ハーモニカかなんかを演奏してほしいんだ。今回のアルバムでその予定だったからね」

ゴリラズの新作『ヒューマンズ』は4月28日にリリースされる。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ