GETTY

Photo: GETTY

エルトン・ジョンは「有害かつ稀な細菌の感染」によって一連のライヴ日程をキャンセルしており、集中治療室での治療を受けたという。

米『ローリング・ストーン』誌によれば、エルトン・ジョンは4月から5月にかけての8公演をキャンセルしている。これらの日程にはラスベガス公演やベイカーズフィールド公演も含まれている。

エルトン・ジョンは南米ツアーの最中に病気にかかったとのことで、チリのサンディエゴからの飛行機の中で「激しく嘔吐」しており、2日間をUKの集中治療室で治療を受けて過ごしたという。

エルトン・ジョンは「感染を治すための治療を受けた」とのことで、4月22日に退院している。

「有り難いことにエルトン・ジョンの医療チームはこの病気を特定し、無事治療することができました」とエルトン・ジョンの担当者は語っている。「しっかりと完治することが見込まれています」

エルトン・ジョンは6月3日のトゥィッケナム公演で復帰する予定となっている。

エルトン・ジョンは今回の一件について次のように語っている。「最も素晴らしく、忠実なファンを持っていることを幸せに思うし、みんなを失望させてしまうことを謝罪するよ。僕を非常によく看病してくれたその優秀さについて僕の医療チームに感謝するよ」

先日、エルトン・ジョンはレコード・ストア・デイの史上初となる「レジェンド」に任命されている。エルトン・ジョンはCDやストリーミングよりもアナログ盤のほうが「音がいい」と語っている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ