TheShaggs

カート・コバーンのお気に入りのバンドの1つとして知られるザ・シャッグスが、ウィルコがキュレーターを務めるフェスティバルで再結成する見込みとなっている。

ニュー・ハンプシャー出身のザ・シャッグスは1968年に結成され、1969年に唯一のオリジナル・アルバム『フィロソフィー・オブ・ザ・ワールド』をリリースし、1975年に解散している。同アルバムはカート・コバーンが『ジャーナルズ』に記したベスト・アルバム50のランキングで5位にランクインしている。ザ・シャッグスは長い間カルト的な人気を誇っており、『エンパイア・レコード』や『ギルモア・ガールズ』といった映画やテレビ・ドラマで取り上げられている。

ウィルコは先日、今年で5度目を迎えるソリッド・サウンド・フェスティバルのラインナップを発表している。同フェスティバルはマサチューセッツ州のノース・アダムスにあるマス・モカで6月23日~25日にわたって開催される。ザ・シャッグスはテレヴィジョン、カート・ヴァイル、ケヴィン・モービー、ビッグ・シーフらと共に出演者に加わっている。

全ラインナップはこちらから。

http://solidsoundfestival.com/lineup/

ザ・シャッグスによるライヴは、1999年の11月にニューヨークでNRBQの30周年を記念して再結成を果たした以来初のパフォーマンスとなるという。

ザ・シャッグスはドット・ウィギン、ベティ・ウィギン、レイチェル・ウィギンの3姉妹で構成されている。ドラマーのヘレン・ウィギンは2006年に亡くなっている。

唯一のアルバム『フィロソフィー・オブ・ザ・ワールド』の音源はこちらから。

本日2月20日はカート・コバーンの50回目の誕生日となっている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ