GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドとカサビアンとビッフィ・クライロがグラスゴーで開催される新たなフェスティバル「TRNSMT」のヘッドライナーを務めることが発表されている。

レディオヘッドは7月7日の、カサビアンは7月8日の、ビッフィ・クライロは7月9日のヘッドライナーを務めるという。

その他にもザ・1975が7月9日に出演するほか、ベル&セバスチャン、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン、ロンドン・グラマー、ジョージ・エズラ、ブロッサムズ、トゥー・ドア・シネマ・クラブらが出演する。

「TRNSMT」は7月7日〜9日にわたってグラスゴー・グリーン公園で開催される。噂されていたリアム・ギャラガーの出演は発表されていない。

ラインナップは以下の通り。

FRIDAY JULY 7
Radiohead
Belle & Sebastian
London Grammar
Rag N’ Bone Man

SATURDAY JULY 8
Kasabian
Catfish and the Bottlemen
George Ezra
The Kooks
Circa Waves

SUNDAY JULY 9
Biffy Clyro
The 1975
Twin Atlantic
Two Door Cinema Club
Blossoms

「TRNSMT」は例年T・イン・ザ・パークを開催してきたDFコンサーツが主催となっており、T・イン・ザ・パークが毎年開催される週末に開催される。昨年11月、T・イン・ザ・パークは会場のストラサラン城における一連の問題により2017年は開催を見送ることを発表していた。

しかし、主催者のDFコンサーツの代表であるジェフ・エリスは「TRNSMT」はT・イン・ザ・パークの「代わり」と見るべきではないと『NME』に語っている。

「今回はキャンプのあるフェスティバルではないからね。都市の中心部で行われるイベントなんだ。それが位置づけておきたいことなんだ」と彼は説明している。「グラスゴーには巨大な経済的貢献いなるだろうね。観客はグラスゴーのバーやレストラン、ホテル、ナイトクラブなんかを訪れるだろうからね」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ