GETTY

Photo: GETTY

エルトン・ジョンは元ワトフォードFCの監督で、イングランド代表の監督も務めたグレアム・テイラーに追悼の意を表している。

グレアム・テイラーは1月12日の早朝、心臓発作のため72歳で亡くなっている。

かつて、このハートフォードシャーを本拠地とするクラブ、ワトフォードFCのオーナーを務めていたこともあるエルトン・ジョンは、訃報に際して「大きな衝撃を受け、深い悲しみの中にある」とコメントしている。

「彼は私にとって兄弟のような存在でした。私たちは初めて会った時から、決して壊れるこのない絆で結ばれていました。私たちは、共に驚くような旅に出ていたけれど、その旅の記憶はこれからも永遠に私のそばにあるでしょう」とエルトン・ジョンはインスタグラムに投稿している。

エルトン・ジョンは、さらにグレアム・テイラーがワトフォードの監督として成功を収めたことを思い返し、以下のように述べている。「彼は私の愛してやまないワトフォードを、下位のフットボール・リーグの底辺から、未知の領域、そしてヨーロッパまで連れて行ってくれました。私たちは、彼の監督としての見識や才能によってイングランドを代表するクラブの1つになったのです」

「ワトフォードにとっては悲しく、暗い日です。クラブにとっても、街にとっても。私たちはグレアムをこれからも愛し続け、彼が私たちにくれたたくさんの輝くような思い出の中で悲しみを紛らわすことでしょう。グレアム、愛してるよ。君がいなくなって本当に寂しくなるよ」

グレアム・テイラーはワトフォードFCの監督の後、アストン・ヴィラFCの監督を務め、1部リーグで2位という成績を残し、その後、イングランド代表監督にも就任し、1992年の欧州選手権や1994年のワールド・カップでチームを率いている。

「グレアムが亡くなったと聞いて、私は大きな衝撃を受け、深い悲しみの中にあります。彼は私にとって兄弟のような存在でした。私たちは初めて会った時から、決して壊れるこのない絆で結ばれていました。私たちは、共に驚くような旅に出ていたけれど、その旅の記憶はこれからも永遠に私のそばにあるでしょう。彼は私の愛してやまないワトフォードを、下位のフットボールリーグの底から、未知の領域、そしてヨーロッパまで連れて行ってくれました。私たちは、彼の監督としての見識や才能によって、イングランドを代表するクラブの1つになったのです。ワトフォードにとっては悲しく、暗い日です。クラブにとっても、街にとっても。私たちはグレアムをこれからも愛し続け、彼が私たちにくれたたくさんの輝くような思い出の中で悲しみを紛らわすことでしょう。グレアム、愛してるよ。君がいなくなって本当に寂しくなるよ。私の思いをリータ、ジョアンナ、カレン、そしてテイラー家の皆さんへ捧げます」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ