Beastie Boys

8月5日にハリウッドのアークライト・シアターでキャピトル・ミュージック・グループの総会が開かれ、ビースティ・ボーイズのアダム・ホロヴィッツとマイク・ダイヤモンド、ケイティー・ペリー、ライアン・アダムス、ディスクロージャー、ドン・ヘンリーらが出席したことが明らかになっている。

この日は、アダム・“MCA”・ヤウクが生きていれば51歳を迎える彼の誕生日となっており、総会の後、見学会が開かれたキャピトル・タワーにはビースティ・ボーイズの旗が掲げられることとなった。なお、キャピトル・タワーにビースティ・ボーイズの旗が掲げられるのは、1989年の『ポールズ・ブティック』のリリース以来のことだという。

総会では、グループの従業員や業界関係者が出席し、事業の近況報告および今後の事計画などの発表が行われたほか、「Beats 1」のゼイン・ロウによるビースティ・ボーイズの2人へのインタヴュー、「KCRW」ラジオ局のジェイソン・ベントレーによるディスクロージャーへのインタヴュー、ミドル・テネシー州立大学のレコーディング事業部会長ビバリー・キールによるドン・ヘンリーのインタヴューなども行われた。

また、10月に発売されるケイティ・ペリーの最新作『プリズム』のツアーDVDといったリリースも紹介され、トロアイ・シヴァンやトリー・ケリーといった新人、フランク・シナトラやニール・ダイヤモンドの新たなプロジェクトなども発表されている。

なお、この日出席したライアン・アダムスは、テイラー・スウィフトの最新作『1989』の全編カヴァーを制作していることを明らかにしている。

この知らせを聞いたテイラー・スウィフトは「本当???????気絶しそう」と応じた上で、ライアンからの返答に「最高、今夜は、というかもうずっと眠れないわ。この日を毎年、祝日にするぐらいお祝いするわ」と応じている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ