PRESS

Photo: PRESS

キングス・オブ・レオンがロンドンのハイド・パークで開催されるブリティッシュ・サマー・タイム2017でヘッドライナーを務めることが発表されている。

キングス・オブ・レオンは大物のサポート・アクトを迎える予定で、ピクシーズとナサニエル・ラトリフ・アンド・ザ・ナイト・スウェッツが出演することが決定している。この公演は、多くの評価を集めている最新作『ウォールズ』を引っ提げたツアーとしては唯一のフェスティバル出演になるという。

「ハイド・パークの素晴らしいファンのみんなとパーティーをするのはいつだって喜ばしいものだよ」とフロントマンのネイサン・フォロウィルは語っている。

来夏のブリティッシュ・サマー・タイム2017のヘッドライナーとしては、グリーン・デイとフィル・コリンズも大規模なライヴを行うことが決定している。

公演の告知動画はこちらから。

キングス・オブ・レオンがブリティッシュ・サマー・タイム2017のヘッドライナーを務めるのは7月6日であり、チケット販売は現地時間の11月30日午前9時より開始される。

キングス・オブ・レオンは通算7作目となる最新作『ウォールズ』でキャリア初となる全米1位を獲得している。

2013年発表の『メカニカル・ブル』に続くアルバムとなった新作はロサンゼルスで、コールドプレイやアーケイド・ファイアを手掛けたマーカス・ドラヴスとレコーディングされたという。アルバム・タイトルの『WALLS』は「We Are Like Love Songs」の略となっている。

キングス・オブ・レオンはこれまで全米アツバム・チャートの首位を獲得したことはなく、2013年発表の『メカニカル・ブル』が2位、2010年発表の『カム・アラウンド・サンダウン』が2位、2009年発表の『オンリー・バイ・ザ・ナイト』が4位となっている。最多のセールスを記録しているのは『オンリー・バイ・ザ・ナイト』で全米で250万枚のセールスを上げている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ