JENN FIVE/NME

Photo: JENN FIVE/NME

11月9日、アメリカ大統領選挙において共和党候補のドナルド・トランプが勝利したことを受けて、アーケイド・ファイアのウィン・バトラーやアノーニらがその結果への思いを綴っている。

マドンナ、レディー・ガガ、ケイティ・ペリーなど、民主党候補のヒラリー・クリントンの支持を表明してきたアーティストも今回の選挙についての反応を示している。

ドナルド・トランプは激戦州と言われるフロリダ、オハイオ、アイオワ、ノース・キャロライナでヒラリー・クリントンを上回る結果となっている。

今年5月にリリースした最新作『ホープレスネス』をリリースしたアノーニはマーヴィン・ゲイの“Save The Children”の歌詞を引用している。

米大統領選の結果に対するソーシャル・メディア上でのミュージシャンの反応の一部は以下の通り。

「望みの失われた今日という日に愛と平穏を」

「3年前に健康保険を取得するまで9年間医療を受けたことがなかった。それがあるうちはよかったのにな。しかし、今は明らかに医療は関心事じゃなくなってしまった」

https://twitter.com/disclosure/status/796216495139266560

「前も行ったけど……もう一度言うよ……ボウイと火星に飛び立つんだ」

「これからの4年間は(テレビ番組の)『ダック・ダイナスティ』の果てしない繰り返しになるね」

「世界から歌が失われ、花は開かず、鐘の音が止む時が来るだろう。その時、誰が案じるというのだろう? 滅亡することが運命づけられている世界を誰が救おうとするだろう? – マーヴィン・ゲイ、1971年(“Save the Children”の歌詞より)」

These voters have no fucking idea what they have just done to this country.

Robin Pecknoldさん(@robinpecknold)が投稿した写真 –

「この有権者たちはこの国に何をしてしまったのか、まったく分かっちゃいない」

Shame

Ed Drosteさん(@edroste)が投稿した写真 –

「残念だ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ