GETTY

Photo: GETTY

昨夜、ロビー・ウィリアムスは長年復帰が噂され、待望論が出ていたテイク・ザットとの共演を果たしている。

ロビー・ウィリアムスは、2017年のブリット・アウォーズによって「ブリット・アイコン」に選出されたことを記念し、スペシャル・ライヴを11月7日にロンドンのトロキシーで行い、テイク・ザットと共演を果たしている。

ロビー・ウィリアムスのライヴが終盤に差し掛かると、テイク・ザットのゲーリー・バーロウ、ハワード・ドナルド、マーク・オーウェンがステージに登場し、彼のソロ楽曲”Party Like A Russian”と”Rock DJ”を共にパフォーマンスした後、テイク・ザットの名曲”Back For Good”を4人で披露している。なお、2014年にグループ脱退を表明したジェイソン・オレンジは参加していない。

共演の模様はこちらから。

ロビー・ウィリアムスは、テイク・ザットのメンバーとして1990年から1995年、2009年から2012年の期間、活動している。テイク・ザットのデビュー25周年を記念して2017年にロビー・ウィリアムスがグループに復帰すると噂されていたが、先週11月4日に発売したニュー・アルバム『ヘヴィ・エンターテイメント・ショウ』のプロモーションが終了するまで持ち越しになるだろうとロビー・ウィリアムス自身は語っている。

ロビー・ウィリアムスは、先日発表された全英・アイルランドツアーの日程がグラストンベリー・フェスティバルの開催期間と一致するとして、グラストンベリー・フェスティバルへの出演が噂されている。

ツアー日程は以下のとおり。

June 02 2017 – MANCHESTER Etihad Stadium
June 06 2017 – SOUTHAMPTON St Marys Stadium
June 09 2017 – EDINBURGH BT Murrayfield Stadium
June 13 2017 – COVENTRY Ricoh Stadium
June 17 2017 – DUBLIN Aviva Stadium (Lansdowne Road Stadium)
June 21 2017 – CARDIFF Principality Stadium
June 23 2017 – LONDON Queen Elizabeth Olympic Park

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ