GETTY

Photo: GETTY

ボブ・ディランはノーベル文学賞受賞の発表から約2週間後に初めて受賞について口を開いている。

ボブ・ディランは「アメリカ伝統音楽にのせて 新しい詩の表現を創造した」との理由で、今月13日、今年のノーベル文学賞を受賞したことが発表されている。しかし、ボブ・ディランは当初、沈黙を続けており、スウェーデン・アカデミーに返答をしていなかったことから、同アカデミーのメンバーからは「無礼かつ傲慢」という言葉も出ることとなった。

しかし、『デイリー・テレグラフ』紙との最新のインタヴューで、ボブ・ディランはついに受賞について沈黙を破っている。このような形で表彰されたことについて、同アカデミーへの感謝の気持ちを強調している。

「にわかには信じられないね」とボブ・ディランは述べている。「(ノーベル賞を受賞できるなんて)素晴らしいし、途轍もないことだし。こんなことになるとは夢にも思わなかったよ」

なぜそんなに長い間沈黙を続けていたのかについて訊ねられると、ボブ・ディランはただ一言こう語っている。「今ここにいるじゃないか」

ボブ・ディランはさらに、12月10日にストックホルムで開催される授賞式に出席する意向があることに言及している。「可能なら」、現地に出向いて「ぜひ」直接受賞したいと語っている。

同インタヴューの前、ボブ・ディランはアルベルト・アインシュタインやジャン=ポール・サルトルのように、ノーベル賞を辞退することも考えられていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ