GETTY

Photo: GETTY

ブラック・サバスのフロントマンであるオジー・オズボーンが、10月12日に白血病のため28歳の若さで亡くなったプロスケーターのディラン・リーダーへの追悼の意を表明している。

ディラン・リーダーは、9歳でスケートボードを始め、13歳で初めてアマチュアの大会での優勝を果たし、その後はクイックシルバー、バードハウスといったブランドとのコラボレーションを行い、モデルとしても活躍していた。

ディラン・リーダーのマネージャーは、現地時間10月12日に『ジェンケム』誌を通して以下の声明を発表している。「本日、2016年10月12日、家族や友人に囲まれて、ディラン・ジョセフ・リーダーは白血病のためこの世を去りました」

ディラン・リーダーの死を受けて、オジー・オズボーンはフェイスブックにディラン・リーダーとの写真を投稿し、キャプションに追悼のコメントを寄せている。

「ディラン・リーダー。俺が知ってる最も才能に溢れていて、勇敢な若者の1人だ。君と親しくなれて幸運に感じてるよ。安らかに眠ってくれ、ディラン。遺族の皆様にはお悔やみを申し上げます」

ブラック・サバスは、オジー・オズボーン在籍時のオリジナル・メンバーによるアルバムからの楽曲をまとめたベスト・アルバム『THE ULTIMATE COLLECTION』を10月28日に輸入盤としてワーナーミュージック・ジャパンよりリリースすることを発表している。国内盤の発売は2017年初頭が予定されている。

『THE ULTIMATE COLLECTION』と名付けられたこのベスト・アルバムは、バンド自身のキュレイションの元編成された全31曲で構成されており、“Paranoid”や“Iron Man”、“War Pigs”、“N.I.B.”や“The Wizard”といった代表曲に加え、70年代に彼らが遺した8枚のアルバムからの楽曲が収録されているという。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ