NME / JENN FIVE

Photo: NME / JENN FIVE

コールドプレイはラスベガスで行ったライヴで同都市出身のザ・キラーズに敬意を表している。

9月1日にコールドプレイはラスベガスのT-モバイル・アリーナで公演を行っており、1999年発表の“See You Soon”のパフォーマンスを行った際に、ザ・キラーズの“Mr. Brightside”の一節を披露している。

今回のツアーでカヴァーを披露するのは初めてではなく、これまでにプリンスやヴィオラ・ビーチ、ブルース・スプリングスティーンらをカヴァーしている。

先月、リアム・ギャラガーはクリス・マーティンを牧師になぞらえている。

『Q』誌のインタヴューでリアム・ギャラガーは最近の音楽シーンについて以下のように批判している。「本当クソだよな。俺がいなくて退屈だったんだろ? 俺のゲームじゃ誰だってやられちまうからな。インタヴューだって、写真撮影だって、レコードだって、ステージだってね」

彼はこう続けている。「そこらじゅうに牧師とそう変わらないようなシンガーがたくさんいるよな。本当にわずかなシンガーしか目を見ようとしない。あいつらは何かを隠してるんだ。自分たちがダメなものをやってるのを分かってんだよ」

「クリス・マーティンに目を見つめられたことがあるか? 彼がいいライヴをやってるのは知ってるよ。クリス・マーティン、あいつには大量の金が払われてるからね。彼は(子供向け番組の)『トゥイーニーズ』みたいなんだ。バンド全体はすごくクソだよな。あいつらはザ・ローリング・ストーンズの写真を見たことあんのかな? 多分、見たことないな」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ