GETTY

Photo: GETTY

ブラック・サバスの担当者が明かしたところによれば、オジー・オズボーンは現在セックス依存症に対する「集中セラピー」を受けているという。

今回の発表はオズボーン夫妻の33年に及ぶ結婚生活に対する加熱したメディアの憶測を受けて出されたもので、夫妻は今年5月に破局したことで注目を集めることとなった。しかし、先月、オジー・オズボーンはABCの「グッド・モーニング・アメリカ」で夫婦関係について「元の鞘に収まった」と語っている。

オジー・オズボーンの担当者は『ピープル』誌に対して今回、夫婦関係の困難さの原因について言及し、オジー・オズボーンのヘア・スタイリストだったミシェル・ピューとの浮気よりもむしろ「セックス依存症」を挙げている。

「ミス・ピューがその性的関係について、文脈と関係ない形で発言しているのだとしたら、オジー・オズボーンは残念に思っています。彼は性的関係を持ってきた他の女性たちに謝りたいと思っているのです。憂いあれば喜びありで、ミス・ピューとの関係が露呈した後、オジー・オズボーンは集中セラピーを受けています」

「オジー・オズボーンは自分の行動で家族にしてしまったことを後悔しています。彼は素晴らしい妻であるシャロンが彼のそばにいて、支えてくれることを神に感謝しています」

オジー・オズボーンとシャロン・オズボーンは1982年に結婚し、3人の子どもをもうけている。

2002年から2005年にかけてアメリカのMTVで放送されたリアリティ番組「オズボーンズ」では一家の日常生活が注目を集めることになった。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ