GETTY

Photo: GETTY

オジー・オズボーンと元の鞘に収まった件について妻のシャロン・オズボーンが言及している。

先日、オジー・オズボーンは「グッド・モーニング・アメリカ」での最新インタヴューで次のように語っている。「そう、元の鞘に戻ったんだ。間違いを犯したなら、そこから学ばなきゃいけないと思うね」

彼は次のように続けている。「単に一過性のものだったんだ。いい時もあれば、ひどい時もあって、しばらく感情が薄れることもある。でも、くじけちゃいけないんだよ。分かるだろ」

妻のシャロン・オズボーンは自身の出演番組「ザ・トーク」で、このオジー・オズボーンのコメントに触れている。「うーん、『くじけちゃいけない』ですって。よくもまあ! 彼はこういうロマンチックでバカな男なのよ。すごくロマンチックなの。裏切ったのに」

シャロン・オズボーンは次のように続けている。「すごく大変だったわ……でも、彼を代弁すべきではないわね。彼がライヴに出演して、みなさんに自分で喋りたいと思っているのを知ってるから。実際、そうしてるし。それはいいことだと思うわ。彼は今、全員に謝らなくちゃいけないと感じてるのよ。だって、私たちにこんなことを経験させたんだもの」

「彼は今回の一件をすごく恥ずかしく思っているの。その感情を通して、実際にファンの前で打ち明けるのが本当に大変だと気づいたみたいね。でも、彼はもっと上手になると思うわ。うまく話せるようになると思う。私は彼を代弁できないけどね。私にとっては、うーん、そうね、許したのよ。信頼するには長い時間がかかるでしょうね。でも、御存知の通り、36年一緒にいて、34年結婚してきたわけだから。人生の半分以上になるのよ。彼なしの人生って考えられなかったのよ。彼が最低な奴でもね。本当に最低な人だけどね。だから、こうなったの。でも、彼はたくさん償うことになるでしょうね」

オジー・オズボーンとシャロン・オズボーンは1982年に結婚し、3人の3人の子どもをもうけている。2002年から2005年にかけてアメリカのMTVで放送されたリアリティ番組「オズボーンズ」では一家の日常生活が注目を集めることになった。

シャロン・オズボーンは次のように語っている。「彼は信じられないような人生をわたしにくれたし、立派な子供を3人産むこともできた。彼のことは愛してるわ。状況を把握しようとしているところなの。その途中なのよ。写真を見たり、なにかを読んだりしないようにしてるの。何が起こってるかは分かってるから。読む必要はないのよ。それって傷口に塩を塗るようなものでしょ。その必要はないわね」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ