NME/SEBASTIAN ARTZ

Photo: NME/SEBASTIAN ARTZ

ザ・マーズ・ヴォルタのオマー・ロドリゲス・ロペスは新たなインタヴューで今後、ザ・マーズ・ヴォルタとして再び活動すると考えていることを明らかにしている。

ザ・マーズ・ヴォルタは2013年にフロントマンのセドリック・ビクスラー・ザヴァラによって解散しており、当時、セドリックはオマー・ロドリゲス・ロペスがバンドに関与しようとしないことを非難する旨をファンに公開している。しかし、その後、二人は溝を埋めたようで、アンテマスクのプロジェクトやアット・ザ・ドライヴインの再結成で行動を共にしている。

米『ローリング・ストーン』誌の新たなインタヴューで、オマー・ロドリゲス・ロペスはザ・マーズ・ヴォルタを再始動させることについて語り、「いずれは」ザ・マーズ・ヴォルタをやることになるだろうと語っている。

オマー・ロドリゲス・ロペスは次のように続けている。「どこかの時点で、再びザ・マーズ・ヴォルタをやりたいと思ってるんだ。俺の言ってること分かる? まだまだやるべきことがたくさんあるんだよ」

アイキー・オーウェンズとジェレミー・ワードが亡くなったため、本当のザ・マーズ・ヴォルタのメンバーは4人しか現存していないとして、次のように語っている。「ジョン・セオドアとエヴァ・ガードナーはまだ生きてるからね。そのことをありがたく思ってるんだ。あのバンドの真のファンは、そのラインナップに本物のケミストリーがあるのを分かってると思うからね」

「そうなった時はいつにせよ、ジョンやエヴァがやっていることがなんにせよ、この4人全員が集まることを望んでるんだ。例えば、エヴァはグウェン・ステファニーのツアーをやったりしているからね。でも、そうなるだろうと感じてるんだ。人生って何かが起きる時におかしな風に起きたりするものだからね」

セドリック・ビクスラー・ザヴァラは、アンテマスクがヨーロッパ・ツアーをキャンセルした際にザ・マーズ・ヴォルタの再結成を否定している。ツアーをキャンセルした理由として、アンテマスクの今後リリースする2枚のアルバムと、ザヴァラズ・モニカー名義のソロ・アルバムに集中したいと語っていた。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ