GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズはシンシナティで行ったライヴで、オリジナル・ドラマーのスティーヴン・アドラーと共演している。

アクセル・ローズ、スラッシュ、ダフ・マッケイガンは今回のツアーのために再結成を果たしているが、ドラマーに関してはクラシック・ラインナップでの再結成前から参加しているフランク・フェラーが担当している。

シンシナティのポール・ブラウン・スタジアムで行われた公演で、スティーヴン・アドラーは“Out Ta Get Me”と“My Michelle”の2曲で、セカンド・ドラマーとしてフランク・フェラーに加わっている。

共演の模様はこちらから。

スティーヴン・アドラーは1990年にドラッグ中毒のためにバンドを脱退していたが、今回のクラシック・ラインナップでの再結成に加わるのではないかと憶測を呼んでいた。スティーヴン・アドラーはザ・カルトのドラマーだったマット・ソーラムに取って代わられている。

スティーヴン・アドラーについは背中のケガのために今回の「ノット・イン・ディス・ライフタイム」ツアーに参加することができないと報じられていた。4月にクラシック・ラインナップでの再結成ライヴを行って以降、現在ツアーは仲睦まじいものとなっていて、スティーヴン・アドラーは今後も出演する可能性があるという。

今回のツアーには、その他にキーボードのディジー・リード、ギタリストのリチャード・フォータス、キーボードのメリッサ・リースが参加している。次の公演は7月9日のナッシュヴィル公演となっていて、ツアーは8月のサンディエゴ公演まで続けられる。アクセル・ローズは先月、UKでも「もうすぐ」ツアーをするつもりだと語っており、1993年発表のカヴァー・アルバム『スパゲッティ・インシデント』以来となるスラッシュとダフ・マッケイガンを迎えた新作の可能性についても言及している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ