PRESS

Photo: PRESS

コールドプレイがグラストンベリー・フェスティバルでメンバー全員が亡くなったヴィオラ・ビーチに捧げるパフォーマンスを行ったのを受けて、スポティファイでのヴィオラ・ビーチの再生回数が6148%上昇したという。

ウォリントン出身のヴィオラ・ビーチだが、今年スウェーデンで交通事故に遭って、マネージャーのクレイグ・タリーと共に全員が亡くなっている。

現地時間6月26日、コールドプレイはグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーのステージで、彼らの“Boys That Sing”をカヴァーしている。

バンドの事故についてクリス・マーティンは「最悪のことが起こってしまったと思った」と語り、「彼らにとって違った未来を作り出したいと思ってるんだ。彼らにグラストンベリーで曲を演奏してもらおうと思うんだよ」と続けている(※クリス・マーティンはバンドについてヴァイオラ・ビーチと発音している)。

バンドはヴィオラ・ビーチが“Boys That Sing”を演奏する映像をステージのバックドロップに映し出して、この音源に合わせる形で演奏している。

演奏前にクリス・マーティンはこの曲を「チャートで上昇させてくれ」と観客に向けて呼びかけている。ヴィオラ・ビーチは9曲入りのアルバムが、バンドの自主レーベルであるフラー・ビーンズ・レコーズより7月29日にリリースされる予定となっている。

アルバムにはバンドが亡くなった後、UKシングル・チャート入りを果たした“Swings & Waterslides”やリード・シングルである“Boys That Sing”が収録される。

コールドプレイ自身もパフォーマンス後、41%再生回数が増加しており、同じくヘッドライナーを務めたミューズは53%、アデルは158%の伸びを記録している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ