Wunmi Onibudo/NME

Photo: Wunmi Onibudo/NME

ブランドン・フラワーズが、UKチャート1位を獲得した最新ソロ・アルバム『ザ・ディザイアード・エフェクト』に収録されている“I Can Change”のライヴ映像を公開している。

“I Can Change”は、ブロンスキ・ビートの1984年の名曲“Smalltown Boy”からのサンプリングが使用されている楽曲で、アルバム『ザ・ディザイアード・エフェクト』からの4枚目のシングルとなっている。同曲にはペット・ショップ・ボーイズのニール・テナントも短いスポークン・ワードで参加している。

映像はロンドンのブリクストン・アカデミーで5月に行われたソロ・ライヴからのものとなっている。

“I Can Change”のライヴ映像はこちらから。

アルバム『ザ・ディザイアード・エフェクト』は、この映像のブリクストンでのライヴの少し前にリリースされている。本作はブランドン・フラワーズにとって、2010年発表の『フラミンゴ』に続く2枚目のソロ・アルバムで、ザ・キラーズとしては2012発表の『バトル・ボーン』が最後のオリジナル・アルバムとなっている。

ブランドン・フラワーズは先日、ここ15年で登場した最も素晴らしいバンドはザ・キラーズであると公言している。同じインタヴューのなかで、ブランドン・フラワーズはここ7年の剃った顔ひげを集めていることも明かしている。

一方、ニュー・オーダーは先日9月にリリース予定の新作『ミュージック・コンプリート』にブランドン・フラワーズが参加していることを認めている。同作にはイギー・ポップやラ・ルーのエリー・ジャクソンも参加しているという。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ