Pooneh Ghana/NME

Photo: Pooneh Ghana/NME

デーモン・アルバーンは6月25日にロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールで行うアフリカ・エクスプレスでのライヴに参加する多くのゲストを発表している。

ポール・ウェラー、ジュリア・ホルター、バセク・クヤーテらがシリアのオーケストラによる公演のゲストとして新たに追加されており、カノとバッシーは前日の6月24日に行われるグラストンベリー・フェスティバルのピラミッド・ステージでのライヴに加わるという。

ロイヤル・フェスティバル・ホールでの公演にはブ・コルスーム、エスラム・ジャワード、ファイア・ヨーナン、ロトフィ・ブシュナーク、マリカ、モウニル・トロウディ、ヌーラ・ミント・セイマリ、ラシッド・タハ、タラも参加することが発表されている。

ロイヤル・フェスティバル・ホール公演は、オランダ・フェスティバルと第一次世界大戦から1世紀を記念したアート・プログラム「14-18NOW」によって行われるもので、サウスバンク・センターの難民ウィーク2016の一環としても開催される。

デーモン・アルバーンとポール・ウェラーの共演は、2013年のティーンエイジ・キャンサー・トラストにおいてノエル・ギャラガーとグレアム・コクソンと共にロイヤル・アルバート・ホールでブラーの“Tender”を演奏して以来となっている。

アフリカ・エクスプレスはロイヤル・フェスティバル・ホールでの公演の後、さらに4公演をヨーロッパ各地で行うことになっていて、この公演にはバーバ・マールがゲストとして参加する。

デーモン・アルバーンは2011年発表の『ザ・フォール』以来となるゴリラズの新作を制作しているなか、これらの公演は行われる。ゴリラズの新作にはヴィック・メンサ、ジャン・ミッシェル・ジャール、リアム・ベイリー、マッシヴ・アタックらが参加していると報じられている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ