GETTY

Photo: GETTY

オジー・オズボーンが、妻シャロンとの関係を修復するために、不倫疑惑に終止符を打ったと伝えられている。

ブラック・サバスのフロントマンであるオジー・オズボーンは、33年間を超える結婚生活を救うべく、妻に浮気したと非難されたスタイリストのミシェル・ピューとのすべての関係を断ち切ったという。

ある情報筋が『ニューヨーク・ポスト』のエンタテインメント・サイト「ページ・シックス」に次のように語っている。「家族は彼にとって非常に大切なものであり、彼は目を覚ましたのです。シャロンは人生のすべてであり、彼女なしではやっていけません」

しかし、シャロンはいまだ離婚を検討しているとされている。それについても情報筋は次のように説明している。「彼女は何ヶ月も待つでしょう。これは考えなければならないことの多い大きな決断です。ですから、自分がどうしたいのか、子供のために何が一番いいのかを決める前に、彼女はどのように事態が推移するかを見守るつもりです」

31歳のケリー、32歳のエイミー、30歳のジャックの3人の子を持つ63歳のシャロン・オズボーンは3週前に夫のEメールを見て、彼の秘密を発見したと言われている。「シャロンは、オジーのEメールを検索して不倫を知りました。彼女は彼がこの女性を支援していると怒っていました」

先日、トーク番組「ザ・トーク」に出演したシャロン・オズボーンは次のように語っている。「彼は信じられないような人生をわたしにくれたし、立派な子供を3人産むこともできた。彼のことは愛してるわ。状況を把握しようとしているところなの。その途中なのよ。写真を見たり、なにかを読んだりしないようにしてるの。何が起こってるかは分かってるから。読む必要はないのよ。それって傷口に塩を塗るようなものでしょ。その必要はないわね」

一方、オジー・オズボーンは今回の破局についてアルコールやドラッグが原因だったのではないかという噂について次のように否定している。「俺は約3年の間、酒とドラッグに手を出していない。俺が酒やドラッグに再び手を出したという報道はまったくのデタラメだよ」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ