PRESS

Photo: PRESS

ザ・ストロークスのアルバート・ハモンド・ジュニアが、2015年にリリースしたソロ・アルバムより“Coming To Getcha”のミュージック・ビデオを公開している。

ビデオではアルバート・ハモンド・ジュニアがスリー・ピースに身を包んで地下鉄に乗り込み、車窓から世界が見えるというものになっている。

アルバート・ハモンド・ジュニアは、既にアルバム『モメンタリー・マスターズ』から“Born Slippy”、“Losing Touch”、“Caught By My Shadow”という3曲のミュージック・ビデオを公開している。

アルバム『モメンタリー・マスターズ』は、2006年のソロ・デビュー作『ユアーズ・トゥ・キープ』、2008年発表の『コモ・テ・ヤマ?』、2013年発表のEP『AHJ』に続くものとなっている。10曲入りのアルバムは、バンドメイトのジュリアン・カサブランカスのカルト・レコーズを離れて、昨年の7月31日にヴェイグラントよりリリースされている。

先日、ザ・ストロークスについては音楽メディア会社のニュー・エージェンシーのCEOであるジェス・カーシュバウムがニュー・シングルを聴いたとツイートしている。ツイートはその後削除されている。

しかし、バンドの今後を知る情報筋は、ニュー・シングルの存在を認めており、昨年後半、バンドは2013年発表の『カムダウン・マシン』に続くアルバムに取り組むためスタジオに入ったことが明らかになっている。

“Coming To Getcha”のミュージック・ビデオはこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ