ANDY FORD/NME

Photo: ANDY FORD/NME

ミューズは、今年のグラストンベリー・フェスティバルで初のヘッドライナーを務めるアデルの緊張を鎮める手助けとして、自身のステージにアデルを招きたいと語っている。

アデルは、これまでにもグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務めてきたミューズやコールドプレイに加わる形で今年のヘッドライナーを務める。現地時間4月13日にBBCラジオ1の「ブレックファースト・ショウ」に出演したマシュー・ベラミーは、会場のワーシー・ファームを見ておくことが緊張を鎮める手助けとなるという。

「一番いいのは前の日に来てもらって、僕らのステージを観て、一緒に歌ってくれることじゃないかな」とマシュー・ベラミーは司会のニック・グリムショウに語っている。「こうすることでプレッシャーがなくなるんだ。緊張することはないと思うよ」

「多くの人々が、緊張して、自分自身を遠ざけようとするんだよね。それで、初めてステージを見るのは出演する時で、ビビってしまうんだ」

ミューズは今年でグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーは3回目となり、アデルにはアドバイスを送っているが、コールドプレイには今年の出演者ポスターを見て、冗談を言ったという。

「ポスターを見て、自分たちの名前が一番上に来ているのがとりわけ嬉しかったんだ」とマシュー・ベラミーは語っている。「冗談でクリス・マーティンに写真を送ってね、『ヒット曲を書き続けろよ、1日のヘッドライナーになれるかもしれないからね』って言ったんだ」

フェスティバルは例年通りサマセット州ピルトンのワーシー・ファームにて6月22日から26日にかけて開催される。ヘッドライナーのアデル、コールドプレイ、ミューズに加えて、ベック、フォールズ、LCDサウンドシステム、チャーチズ、ジェイムス・ブレイク、PJハーヴェイ、ZZトップ、ニュー・オーダー、ディスクロージャー、ストームジー、ブリング・ミー・ザ・ホライズン、シガー・ロス、アンダーワールド、トゥー・ドア・シネマ・クラブらの出演が発表されている。

さらにスケプタ、エリー・ゴールディング、ザ・1975、ザ・ラスト・シャドウ・パペッツ、グライムス、ジェイク・バグ、ファットボーイ・スリム、ガイ・ガーヴェイ、マッドネス、ウルフ・アリス、バット・フォー・ラッシェズらの出演も発表されている。

コールドプレイのクリス・マーティンは『NME』に対して、グラストンベリー・フェスティバルは「凱旋公演に最も近いものなんだ」と語っている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ