GETTY

Photo: GETTY

新たに再結成を果たしたラッシュが4月11日にロンドンで20年ぶりとなるライヴを行っている。

昨年秋、ラッシュは復帰することを発表しており、今月の後半から5月にかけてさらに大きな会場でUKツアーを行う予定となっている。

ラッシュは4月11日に定員375人のオスローでウォームアップ・ライヴで再結成を果たしている。ラッシュが最後に行ったライヴ1996年9月の東京公演だった。

メンバーはエマ・アンダーソン、ミキ・ベレーニ、フィル・キング、そして1996年に亡くなったドラマーのクリス・アクランドに代わってエラスティカのジャスティン・ウェルチがドラムを担当している。

ファン撮影による“De-Luxe”、“Hypocrite”、“For Love”、“Ladykillers”の映像はこちらから。

この日のセットリストは以下の通り。

De-Luxe
Breeze
Kiss Chase
Hypocrite
Lovelife
Thoughtforms
Light From a Dead Star
Untogether
Lit up
Etherial
Scarlet
For Love
Out of Control
Ladykillers
Downer
Sweetness and Light
Stray
Desire Lines
Leaves Me Cold
Monochrome

ラッシュは1996年以来となる新曲も公開しており、新しいEP『ブラインド・スポット』の冒頭を飾る“Out of Control”を披露している。『ブラインド・スポット』は4月15日に4ADよりリリースされる。

ミキ・ベレーニはプレス・リリースのなかでEPのレコーディングについて次のように述べている。「準備するのにちょっと時間がかかったのは確かだけど、一度スタジオに入ったら、すべてがものすごく早く形になったの。すごく楽しかったわ! ラッシュの歌詞を書いてた時からだいぶ経ってたけど、EPの早い段階で、わたしが当時書いてたことは、今のわたしには書いてて心地のいいものではないことが分かったの。わたしの視座、心の近くにあるものが変わったのね。それを曲に持ち込もうと思ったの」

ラッシュは1987年にロンドンで結成され、1992年に喝采を浴びたデビュー・アルバム『スプーキー』をリリースしている。最後のライヴは1996年9月に東京の新宿リキッドルームで行われている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ