GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのフロントマンであるアクセル・ローズが本格的な再結成ツアーを前に足を骨折したことが明らかになっている。

ガンズ・アンド・ローゼズはメンバーの入れ替わりのある長い時期を経て、今年のエイプリル・フールの4月1日に公式に発表されたアメリカ・ツアーの前にシークレット・ライヴを行い、クラシック・ラインナップでの再結成を実現させている。再結成は今年のコーチェラ・フェスティバルのラインナップと共に今年1月に発表されており、フェスティバルは来週開催される。

現地時間4月8日にラスベガス公演を控えていた彼らだが、アクセル・ローズは足にギブスをはめており、あまり体重をかけられない状態だという。

バンドは医師がアクセル・ローズの足首について語る15秒の映像を公開しており、足首にどんな処置を施したかを詳しく語り、骨を調整するためのネジが入ったX線の画像も見せている。医師によれば、コーチェラの出演や最初の単独公演が行われる今後4週間はあまり体重をかけられないという。バンドはアクセル・ローズのケガに対応したステージを計画している。

医師が語る映像はこちらから。

"Internal Fixation" from Team Brazil on Vimeo.

先月、スラッシュはガンズ・アンド・ローゼズの新曲に取り組んでいると報じられている。

元バンドの広報担当だったアルレット・ヴェレッケは『クラシック・ロック・マガジン』にスラッシュが音源のためにスタジオに入っていると語っている。「彼らがレコーディングを始めているのは知っているのよ。彼らは確実にスタジオで何かを行っている。アクセルはいなかったけれど、スラッシュは絶対にそこにいるし、誰か他の人のために作っているのではないと思う」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ