PRESS

Photo: PRESS

クラシック・ラインナップでの再結成公演を行うことが発表されているガンズ・アンド・ローゼズだが、現地時間4月1日にウィスキー・ア・ゴー・ゴーで公演を行う可能性が濃厚になっている。

ウィスキー・ア・ゴー・ゴーのツイッター・アカウントは引き続きガンズ・アンド・ローゼズに関するツイートを続けており、4月1日にウィスキー・ア・ゴー・ゴーで公演を行うことを報じている記事を「噂が出てるよ」とツイートしたり、アクセル・ローズやダフ・マッケイガンのイヤーモニターの受信機の写真をアップしたガンズ・アンド・ローゼズの公式アカウントのツイートをリツイートしたりしている。

またガンズ・アンド・ローゼズのオフィシャル・アカウントでは「見逃した人注目:ガンズ・アンド・ローゼズはコンサート・チケットを取る最初の機会をファンクラブ・メンバーに提供します。“Nightrain”を楽しむ特権を発見してくれ」とツイートしている。

元々、4月1日のウィスキー・ア・ゴー・ゴーでは、ガンズ・アンド・ローゼズの元ドラマー、スティーヴン・アドラー率いるアドラーのライヴが予定されていた。

ガンズ・アンド・ローゼズについては、4月にコーチェラ・フェスティバルでのヘッドライナー出演をはじめ、クラシック・ラインナップでの再結成ライヴが予定されている。ただし、参加メンバーについてはフロントマンのアクセル・ローズをはじめ、ギタリストのスラッシュ、ベーシストのダフ・マッケイガンの3人以外については正式に発表されていない。

ミシガン州フリント市の水道汚染問題へのチャリティとしてガンズ・アンド・ローゼズは、サイン入りのドラムヘッドを提供しているが、そこにはヴォーカリストのアクセル・ローズ、ギタリストのスラッシュ、ベーシストのダフ・マッケイガン、キーボーディストのディジー・リード、ドラマーのフランク・フェラー、ギタリストのリチャード・フォータスのサインが入っており、これが参加メンバーかと思われたが、その後スティーヴン・アドラーの参加も噂されている。

イジー・ストラドリンは3月1日にバンドの再結成に参加しないことを発表している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ