ANDY WILLSHER/NME

Photo: ANDY WILLSHER/NME

ガンズ・アンド・ローゼズは、再結成といくつかのライヴの発表後に永らく噂されてきたより大きな夏のツアーについて、ツイッター・アカウントで予告のツイートをする形でその事実を認めている。

バンドは、“辛抱(Patience)”を求めるビデオを投稿しており、ビデオは大観衆の映像の後、バンドのロゴが映し出され、「PATIENCE」という文字が表示された後、「COMING SUMMER 2016」と時期が予告され、最後にアメリカの都市の一覧が表示されるものになっている。ただし、特定の日程は明示されていない。

アクセル・ローズとスラッシュ、ダフ・マッケイガンは今回の再結成に参加することを認めているが、イジー・ストラドリンは参加しないと語っており、誰がドラマーになるかは正式には明らかになっていない。

今回の予告の前に、4月に同じラインナップで2週開催となるコーチェラ・フェスティバルのヘッドライナーを務めるほか、ラスベガスでの2公演、メキシコでの2公演を行うことを発表している。また、ロサンゼルスで小規模なウォーム・アップ・ツアーを行うという噂が最近になって出てきている。

予告動画はこちらから。

アクセル・ローズは先日ファンに対して、コーチェラの後、本格的なツアーを行うことを語っていたが、今回のビデオが公式の第一声となっている。

ガンズ・アンド・ローゼズのファンであるマーク・グリエルモは3月18日にアトランタのホテルでアクセル・ローズにばったり出会い、ラスベガスやカリフォルニアで行われる再結成公演の機会に恵まれることを望むと、アクセル・ローズは次のように答えたという。「お前、ありがとうな。でも、俺らはまとまったツアーをやるつもりだよ」

ファンは次のように続けている。「噂を広めたり、憶測を呼んだりしたくないけど、すごく鍛えている感じだったよ。腕も筋肉に見えたからね」

一方、これまでガンズ・アンド・ローゼズに参加してきたキーボーディストのクリス・ピットマンは再結成が金のためのものだとツイートした時は酔っていたと語っている。

クリス・ピットマンは次のようにツイートしている。「20年近くいた人間の名前を挙げないでくれ……そりゃないよ……(金の亡者が)クソッタレ」。後に彼は謝罪している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ