ANDY FORD/NME

Photo: ANDY FORD/NME

ジェラルド・ウェイはマイ・ケミカル・ロマンスの解散から3周年を迎えてツイッターにメッセージを投稿している。

マイ・ケミカル・ロマンスは、3年前の2013年の3月22日に解散を発表している。

これに際してフロントマンだったジェラルド・ウェイは、別の道を行くことに決めてから10年くらいのように感じると語っている。

さらに「ずっといい場所にいる」とも綴っている。

ジェラルド・ウェイによるツイートは以下の通り。

「この3年間は間違いなく10年くらいのように感じてる。ずっといい場所にいるんだ。幸せだし、生産的だしね。もちろん、みんなが恋しいよ。サポートについては感謝してる」

マイ・ケミカル・ロマンスは最後のアルバムとなった『デンジャー・デイズ』を2010年にリリースしている。

バンドが解散して以降、ジェラルド・ウェイはソロ・アルバム『ヘジタント・エイリアン』を2014年にリリースしている。

ジェラルド・ウェイは以前バンドの解散について「誰のせいでもない」と語っている。

「そういう時だったんだよ」と2014年のゼイン・ロウとのインタヴューで語っている。「本当に特別なバンドで、あんなにも素晴らしいものだったからね。このまま続けて錆びついていくのか?って。それはバンドの考える進むべき道ではなかったんだよ」

「僕ら全員、すごく戸惑ってたよ。簡単にできることじゃなかったからね。悲しかったし、誰もお互いに憎みあったりしてる状況じゃなかったからね。誰のせいでもなかったんだよ」

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ