GETTY

Photo: GETTY

現在、ニュー・アルバムのレコーディングの最終段階にあると見られているレッド・ホット・チリ・ペッパーズだが、新作にエルトン・ジョンが参加していると報じられている。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは昨年よりデンジャー・マウスをプロデューサーに迎えてレコーディングが行われていることが報じられており、先日、バンドはミックスにレディオヘッドのプロデューサーとして知られるナイジェル・ゴッドリッチを迎えてスタジオに入っていることを明かしている。

その新作について『ザ・ミラー』紙によれば、エルトン・ジョンが参加していると報じられている。

情報筋は次のように語っている。「今年の初め、エルトン・ジョンがロサンゼルスにいる時にアンソニー・キーディスは連絡をとっていて、自分たちがレコーディングを行っているスタジオに来てもらえないか、頼んだんです。イエスという返事をもらった時は喜んでましたよ。彼らが一緒にやった曲が本当に素晴らしいんです」

「レッド・ホット・チリ・ペッパーズはずっとエルトン・ジョンの大ファンですからね。そして、前作から5年になるわけですから。だから、こうして華々しい形で戻ってこられることにメンバーも興奮しています」

「エルトン・ジョンは別のアーティストともレコーディングを行っていて、そちらうまく行っているようですよ」

エルトン・ジョンはレディー・ガガと共作をしていることが報じられているほか、クリーン・バンディットともコラボレーションを行っており、ザ・キラーズの次回作にも参加すると噂されている。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは一連のツアー日程と夏のフェスティバル出演を発表しており、今年のレディング&リーズ・フェスティバルでヘッドライナーを務めるほか、T・イン・ザ・パークでヘッドライナーを務める予定ともなっていて、今年のロラパルーザのヘッドライナーを務めるのではないかと噂されている。

ベーシストのフリーは先日、ニュー・アルバムの作業を終えようとしており、バンドが「新時代に突入した」と語っている。

「ほぼ終わりまで来てるんだ」とフリーは語っている。「今回はリック・ルービンの代わりにデンジャー・マウスがプロデュースしててね。新時代に突入してて、本当に興奮してるよ」

アルバムのサウンドについて訊かれると、彼はこう続けている。「新しくて、これまでと違うんだけど、でも、自分たちのいい部分は犠牲にしてないよ。これまでにあった曲もいくつかあるし、新しいものもあるんだ。ライヴでやるのが待ちきれないよ」

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ