BBC/GUY LEVY

Photo: BBC/GUY LEVY

アデルが今年のグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務めることが発表された。

グラストンベリー・フェスティバルは6月22日から6月26日にわたって開催される。ピラミッド・ステージのヘッドライナーのうち2組は既に発表されており、ミューズが金曜日のヘッドライナーを務め、コールドプレイが日曜日を締めくくることが明らかになっている。

『NME』のニック・レヴィンによればアデルは現地時間3月18日に行われたO2アリーナのライヴで、ワーシー・ファームで行われるフェスティバルの土曜日のヘッドライナーを務めることを発表したという。

彼女は次のように語っている。「去年やりたかったんだけど、アルバムの準備ができてなかったの。わたしが退屈過ぎてヘッドライナーなんかできないという人たちには、わたしがヘッドライナーを務めることに文句を言ってるあんたたちのほうがよっぽど退屈よと思うわ」

アデルは以前、グラストンベリー・フェスティバルに一度も出演しなかったのは、多くの観客が怖かったからだと語っている。「グラストンベリーについてはすごく明らかにしておきたいと思うんだけど」と彼女は語っている。「観客があまりにも多いでしょ。できるかどうか分からなかったのよ」

フェスティバルの主催者であるエミリー・イーヴィスは先日、彼女のことを公の場で褒めたたえていた。アデルがヘッドライナーを務められるか尋ねられると、「彼女が出演するかどうかって? 彼女が出演してくれたら素晴らしいことになるわ」

エミリー・イーヴィスはこう続けている。「わたしたちはアデルが大好きなの。彼女は途轍もないアーティストだし、本当に正直で、ユーモアがあって、リアルだし。そういうところがみんなの彼女の好きなところでしょ。彼女は素晴らしいお手本よ。だって、見せかけなんかしてないもの」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ