PA

Photo: PA

オジー・オズボーンの妻であるシャロン・オズボーンがキム・カーダシアンのヌード投稿を受けて自らのヌード写真をツイートしている。

カニエ・ウェストの妻であるキム・カーダシアンは3月7日にソーシャル・メディアにヌード写真を投稿したが、それを受けてインターネットの世界では賛否両論が巻き起こっている。

ベット・ミドラーはキム・カーダシアンのヌード投稿に次のように冗談を飛ばしている。「キム・カーダシアンが今日、ヌードのセルフィを投稿してたわ。もし、彼女がわたしたちの見ていない身体の一部を見せたいのだとしたら、カメラを飲み込むしかないわね」

また、クロエ・グレース・モレッツも次のようにツイートしている。「身体以上に多くの提供できるものを持っているということを若い女性に教えることがどれだけ重要なことか、わかってもらえるのを本当に望んでるわ」

今回、シャロン・オズボーンは「キム・カーダシアン、あなたがわたしをインスパイアしたの」というキャプションとともにヌード写真を投稿している。

オジー・オズボーンは今年2月に気管支炎のためにブラック・サバスのいくつかの公演を延期することになったが、その際、シャロン・オズボーンは米テレビ番組に出演して、夫の病状について語っている。

「どんどん良くなってるわ。彼は静脈洞炎を持っていて、それが気管支炎になってしまったの。耳の中に太平洋があるような感じと彼は言ってたわ。ちゃんと聴くことができなかったのよ。悪夢だったわ。彼は4公演もキャンセルしなければならなかった。これらは全部振替公演が行われるわ。それに取り組んでいるところなの」

彼女はさらにこう続けている。「バンドやクルーやファン、そしてオープニング・アクトと共にライヴを行う責任があるからこそ、家にいるのよ。待って、待って、待ってね。彼は大きな責任を感じているの。病気になったことについて罪の意識を感じているわ」

ブラック・サバスにとって最後となる「ジ・エンド・ツアー」は9月まで行われる予定となっている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ