PRESS

Photo: PRESS

ブルーノ・マーズが今年、通算3作目となるニュー・アルバムをリリースすると報じられている。

ブルーノ・マーズは今月新曲を公開する予定だったが、コールドプレイによるスーパー・ボウルのハーフタイム・ショウへの客演のため、計画を棚上げすることになったという。

ブルーノ・マーズの父親であるピーター・ヘルナンデスは「プレス・リーダー」に次のように明かしている。「3月を予定していたんだけど、スーパー・ボウルをやったことで数ヶ月遅らせることになったんだ」

「ブルーノには7曲素晴らしい曲があってね、僕は聴いたんだ。でも、来年のグラミー賞の権利を考えると、9月か10月にリリースすべきだと思うね」

この前には、ブルーノ・マーズのサウンド・エンジニアであるチャールズ・モニズが、米『ビルボード』誌にブルーノ・マーズのニュー・アルバムについて「サウンドの進化」をファンには期待してほしいと語っている。

彼は次のように述べている。「新作はブルーノの次なるムーヴメントになると思ってるんだ。実際、正しいヴァイブがあって、みんな楽しんでてね、それこそがいい音楽ができる時なんだよ」

ブルーノ・マーズの新作は、2010年の『ドゥー・ワップス&フーリガンズ 』と2012年の『アンオーソドックス・ジュークボックス』に続くものとなっている。

両作とも世界中で600万枚を超えるセールスを記録しており、ともにUKチャートの1位を飾っている。

先月、ブルーノ・マーズと“Uptown Funk”のコラボレーターであるマーク・ロンソンは、“Uptown Funk”について80年代のガールズ・グループであるザ・シーケンスに盗作の疑いをかけられている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ