GETTY

Photo: GETTY

ビヨンセのスーパー・ボウルのハーフタイム・ショウでのパフォーマンスを受け、ニューヨークでは来週アンチ・ビヨンセの抗議運動が実施されるという。

ビヨンセは2月7日、スーパー・ボウルのハーフタイム・ショウでコールドプレイと共に大々的なパフォーマンスを行っており、その前日にはニュー・シングル“Formation”を発表し、政治的な側面から非難を受けたミュージック・ビデオも公開している。

パフォーマンスには「ブラック・パンサー党」や「ブラック・ライブス・マター(黒人の命の権利)」運動に対するオマージュが見られたため、ある層から「警察批判」だと非難を受けている。ビヨンセに対する正式な抗議運動はマンハッタンにあるNFL本部の外で2月16日に実施されることが決まっているが、「フォーメーション・ツアー」のチケット販売もこの日と同日から開始される予定となっている。

この抗議運動の詳細は米「デイリー・ニュース」の記事で報道されており、ビヨンセのパフォーマンスが「ヘイト・スピーチ」、そして「人種差別」であるとして、以下のような文言で参加者を募っている。「あなたはアメリカ人として、ビヨンセが行った人種差別的な愚行に対して憤りを感じましたか? また、彼女のパフォーマンスを警察に対する侮辱とみなしますか?」

抗議運動は、16日の午前8時から午後4時にかけて行われる。

また、8日には元ニューヨーク市長のルドルフ・ジュリアーニ氏もビヨンセを非難しており、フットボールの試合の間に政治的行為に及んだことは「道理に反している」としている。

「これはフットボールの試合であり、ハリウッドではない。彼女がそういった場を、彼女自身や私たちを守ってくれ、生かしてくれる存在である警察を攻撃する場として使ったことは極めて道理に反している」と語っているという。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ