Photo: GETTY

プリンスは1984年発表の名作『パープル・レイン』が40周年を記念してドルビーアトモスでリリースされている。

新しいミックスはワーナー・ミュージックとのパートナーシップによってNPGレコーズとペイズリー・パーク・エンタプライズによって制作されており、ドルビーアトモス対応のストリーミング・サービスで公開されている。

プリンス&ザ・レヴォリューションによるアルバム『パープル・レイン』は同名の映画に先立つ形でリリースされており、アルバムは24週にわたって全米アルバム・チャートの1位を獲得し、全世界で2500万枚のセールスを記録している。

ドルビーアトモスのヴァージョンはオリジナルのマスター・テープから長年プリンスとコラボレーションしてきたクリス・ジェイムスによってミックスされており、Blu-rayヴァージョンが今年リリースされることも決定している。

映画『パープル・レイン』のリストアされた4Kヴァージョンが公開されることも決定しており、海外では7月3日より限定上映される。

週末にはミネソタ州にあるペイズリー・パークで「セレブレーション2024」が開催されており、ザ・レヴォリューション、ニュー・パワー・ジェネレーション、モリス・デイらがパフォーマンスを披露している。

『パープル・レイン』についてはその他の代表曲と共にミュージカル化されることも報じられている。

プリンスは1984年公開の映画『パープル・レイン』が舞台化されるとのことで、トニー賞を受賞した『バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊』の舞台化を手掛け、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の舞台化にも関係しているオリン・ウルフが手掛けるという。脚本はアルバート・マグノーリとウィリアム・ブリンが手掛けたオリジナルのものがベースとなる。

プリンスについては妹であるタイカ・ネルソンがプリンスと交わした最後の会話について語っている。

妹であるタイカ・ネルソンはプリンスと交わした最後の会話について語っている。

タイカ・ネルソンはプリンスとの最後のやりとりは亡くなる4日前だったと述べている。「彼は質問を交わし続けました。私はずっと腹が立ちました。『2秒以内で答えて』と思いました。彼は話題を変えては冗談を言って、そこでは二人とも笑うことになりました」

タイカ・ネルソンは次のように続けている。「彼は家族についてもっと情報を教えてくれないかと頼んできました。シャロンの電話番号を教えてほしいと。私は理由を尋ねませんでした。『送りたい写真があるんだ』と言っていましたが、何のための写真かは尋ねませんでした」

プリンスについては映画『パープル・レイン』に登場するミネアポリスの家がAirbnbで宿泊に貸し出されることも報じられている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ