Photo: GETTY

エド・シーランはオリヴィア・ロドリゴのこれまでのディスコグラフィーについて賛辞を寄せている。

ジェイク・シェインのポッドキャストに出演したエド・シーランは何人かのミュージシャンについて語っており、その一人にオリヴィア・ロドリゴも含まれている。ジェイク・シェインがオリヴィア・ロドリゴのデビュー・シングル“Drivers License”は素晴らしかったと言うと、エド・シーランは次のように続けている。「『サワー』と『ガッツ』はどちらのアルバムも曲を飛ばすことのできない作品だよね。レコードとして素晴らしいレコードだと思う」

エド・シーランはブリトニー・スピアーズの“Baby One More Time”についても「デビュー曲の中でも2〜3位を争う楽曲」と称賛している。エド・シーランとジェイク・シェインは最も好きなデビュー曲についても語っており、ラナ・デル・レイの“Video Games”についても「完璧」と意見が一致している。

先日、エド・シーランはボトルロック・ナパ・ヴァレー2024でオフスプリングと共演を果たしている。

エド・シーランはインスタグラムで共演について次のように述べている。「買った最初のアルバムの一つがオフスプリングの『コンスピラシー・オヴ・ワン』だったんだ。9歳の時にバンドの一員であるようなふりを鏡にしながら歌っていた。大抵は初めて聴いた曲だった“Million Miles Away”をやっていたんだ」

「これはインタヴューで言ったこともあって、同じフェスティバルに出演すると知って、デクスター・ホーランドとヌードルズが僕に声をかけてくれて、ステージに出て一緒に歌いたいか、訊きに来てくれたんだ。すぐにイエスと答えたよ」

エド・シーランは次のように続けている。「子どもの頃の夢が叶った気分だった。僕と一緒にやってくれて、ありがとう。音楽とは波乱万丈で、夢を現実に生きていることに日々感謝している。映像を楽しんでもらえたらと思う」

一方、エド・シーランについては『X(マルティプライ)』10周年記念エディションの国内盤が7月3日にリリースされることが決定している。本作は海外で6月21日にリリースされる予定となっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ