Photo: GETTY

ジャスティン・ティンバーレイクは来たるニュー・アルバムより新曲“Drown”の音源が公開されている。

新曲“Drown”は3月15日にリリースされる6年ぶりとなる通算6作目の新作『エヴリシング・アイ・ソート・イット・ワズ』に収録される。

“Drown”の音源はこちらから。

アルバムからはリード・シングルとして“Selfish”のミュージック・ビデオも公開されている。

先日、ブリトニー・スピアーズは回想録でジャスティン・ティンバーレイクを「傷つけた」として謝罪している。

ブリトニー・スピアーズはソーシャル・メディアに新たな投稿を行い、私生活やキャリア、家族、13年の後見人制度について振り返った10月刊行の275ページの著書『ザ・ウーマン・イン・ミー』で傷つけた人や怒らせた人に謝罪している。

回想録の中でブリトニー・スピアーズはジャスティン・ティンバーレイクの複雑な交際についても言及しており、交際中に中絶したことも明かしていた。

「著書の中で書いたことには謝りたいこともあります」とブリトニー・スピアーズは現地時間1月28日にインスタグラムに投稿している。「私が大切に思っている人を傷つけたのなら、深く謝罪します」

この文章はジャスティン・ティンバーレイクが『ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン』に出演した時の映像と共に公開されていた。

「ジャスティン・ティンバーレイクの新曲“Silent”を気に入ったことも伝えておきます。すごくよかったし、ジャスティン・ティンバーレイクとジミー・ファロンが一緒にいると毎回大笑いしてしまうのはなんで?」とブリトニー・スピアーズは述べている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ