Photo: GETTY

ブラーは怪我のためにヘッドライナーとして出演予定だったフランスのフェスティバルをキャンセルすることが明らかになっている。これはロンドンのウェンブリー・スタジアム公演の数日前のこととなっている。

ブラーは7月6日にボーレガード・フェスティバルに出演予定だったが、フェスティバルの公式ツイッターはドラマーのデイヴ・ロウントゥリーが膝を怪我したために出演しないことを発表している。

「悲報が届きました。ブラーはボーレガードのコンサートに出演することができません」とフェスティバル側はツイートしている。「ドラマーのデイヴ・ロウントゥリーが週末に怪我をして、今後の公演のために休養しなければなりません」

フェスティバルの参加者には払い戻しが行われる。記事執筆時点でバンド側はキャンセルについて言及しておらず、デイヴ・ロウントゥリーの怪我の詳細についても明らかにされていない。

フェスティバルの主催者はブラーの出演辞退に伴って、ロイヤル・ブラッドが代わりに7月6日のヘッドライナーを務めることも発表している。

ブラーは7月8日・9日にロンドンのウェンブリー・スタジアムで待望の復帰ライヴを行う予定となっている。

怪我が今後の公演にも影響を与えるのかは明らかになっておらず、公演が予定通り行われるかどうか、デイヴ・ロウントゥリーに代役が立てられるのか、公演が延期されるのか等々は発表されていない。

ブラーのウェンブリー・スタジアム公演については先日タイムテーブルも発表されている。

ブラーは先週、ニュー・アルバム『ザ・バラード・オブ・ダーレン』よりセカンド・シングル“St. Charles Square”が公開されている。“St. Charles Square”は5月から行われてきたウォーミング・アップ公演で1曲目に演奏されてきた。

ブラーはコルチェスター城で行われた記者会見で新作のレコーディングについて語っている。「完全に楽しい瞬間というのがあったんだ」とベーシストのアレックス・ジェームスは語っている。「実のところ、別世界に行って、また戻ってきて、一緒にやってみると、全員なにがしか学んだものがあるんだ。そうそうあることじゃないから、新鮮だし、特別なことで、最初のリハーサルからまさにそんな感じだったよ。僕らが一緒に演奏すると、何か特別なものが常にあるんだ。最初からそうだった。充実感を感じるし、恵まれていると思うよ」

ブラーの新作『ザ・バラード・オブ・ダーレン』は7月21日にリリースされる。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ